ブログネタ
日記です に参加中!
影響力の武器第四章「大洪水の後に」の部分を
 150文字程度に要約するトレーニングをします。





社会的証明の強さを示すのに、宗教活動が挙げられる。

ある宗教集団は、大洪水が起こると予言を信じて疑わない集団だったが

予言日まで秘密主義的なグループが、予言日以降、

熱心な伝道者グループになったのは、 そうすることによって信者を増やし、

その考えを正しいを思う人が増えれば

世間はその考えを正しいと見ることになるという、

物的証拠がない以上、社会的証拠を変えるしかなかった。
 』




 以上、182文字。今回はこんな感じにまとめてみました。